当サイトは主にITに関する様々な情報をまとめています。ほぼ毎日更新です!

人生逆転して中流階級までのし上がる方法

 

今回は、人生を逆転して中流階級になる現実的な方法を紹介する。

一応最初に断っておくが、大金持ちの上流階級になれる方法ではない。20代の社会的弱者が「現実的」に中流階級になれる方法である。

特に、Fランク卒・大学中退・高卒・フリーター・ニートというステータスで、現在の状況を何とか変えたいと思っている方におすすめしたい方法である。

 

まずは、中流階級とは何か定義をしておこう。

中流階級とは、

  1. 20代で年収500万以上で、
  2. 世間体が良い仕事についていて、
  3. これからのキャリアがある程度保証されている

この3つの条件を満たす人を中流階級であると定義しておこう。

 

大手転職サイトdodaによると、20代の平均年収は350万ほどなので、500万は平均よりかなり上の年収であるといえる。

世間体的にも問題がなく、これからのキャリアがある程度保証されているとなると、、周りと比べてかなり勝ち組の人生を送ることが可能だ。

 

同窓会に行ったとき、年収や仕事で大体のやつには勝てる。

(収入が約束されている男性はかなりモテる。)

 

今回は、この中流階級になれる最も現実的な方法を紹介する。

あまり学歴や職歴に左右されないので、これまで周りからバカにされてきた人が周りを見返すためにもうってつけの方法である。

 

その方法は、IT業界に就職することだ。

 

IT業界は人生逆転にうってつけ

IT業界といってもいろいろあるが、いわゆるシステムエンジニアを想像してもらえば結構だ。

システムエンジニアとは簡単に言うと、プログラムを書いたり組み合わせたりして、システムを作っていくお仕事である。

そのIT業界が圧倒的に人材不足の売り手市場なので、スキルや経歴があまりない人でも比較的簡単に優良企業に入れてしまうのだ。

 

でも、ITの勉強なんてしたことがない人がほとんどだろうし、なんか難しそうだと感じる人も多いことだろう。

あまり信じてもらえないかもしれないが、ITの勉強はそんなに難しくない。学校教育についていけなかった人でもプログラミングはできる人というのはよくある話だ。

 

また、売り手市場であるだけでなく、かなりスキマ需要が生まれる業界である。

↓これはwikipediaのプログラミング言語一覧である。

 

上のwikiを見てもらえばわかるように、プログラミング言語は無数の種類があるので、その中に荷は日本国内で知識がある人が少ない言語が存在する。

そのような言語を勉強すれば、競争相手がいないので相対的に自分が優秀な人材になる事ができる。大きな努力をせずに唯一無二の貴重な人材になることが可能だ。(中には需要が全くない言語もあるので注意が必要だが。)

 

キャリアへの影響

IT業界での就労経験は、その後のキャリアにもとてもいい影響がある。

IT企業で経験を積んである程度実力をつければ、フリーランスとして会社に縛られない自由な働き方が可能である。

また、大きな会社であれば、ITの業務を担う部署があることが多いので「社内SE」の募集が多くある。「社内SE」専用の転職エージェントがあるくらいだ。

SEとしての経験を積めば、大手企業への転職が非常にしやすくなるし、自由な働き方もできるようになる

 

もちろんIT企業に勤務することは世間体もいい。よくITを知らない人からすれば、「パソコンの技術に精通したすごい人」程度の印象しかないからだ。

 

じゃあ、どうやってIT企業に入ればいいのか、どうやってITの勉強をすればいいのかを紹介していく。

 

ITの勉強の仕方

ITの技術は、無料で学ぶことができる時代だ。決して高額のスクールなどに通う必要はない

10代~20代で、就職を前提にITの知識を学びたいなら、企業から人材の紹介料を受け取って運営されている「エージェント一体型ITスクール」を選ぶといい。

「エージェント一体型ITスクール」人材の紹介料を企業から受け取ることで運営されているので、無料で数か月の研修を受けることが可能だからだ。

無料の「エージェント一体型ITスクール」で評判が良いのは、ウズウズカレッジとProgrammerCollegeの2つだ。

公式ページへのリンクを貼っておく。面談などをしてみるといい。

ウズウズカレッジ公式サイト:ウズウズカレッジ公式サイト

ProgrammerCollege公式サイト:【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

 

※ウズウズカレッジについては、首都圏在住者のみが対象のようなので注意。

 

IT初心者でもちゃんと使い物になるように研修してくれるハズだ。就職して0から知識を身に着けていくのは大変なので、ある程度研修を受けてから就職することで、未経験者でも安心して仕事に入って行くことができる

 

もう一度言うが、最初からお金をかけてITの勉強をする必要は無い

IT業界への就職を促す記事の中には、有料スクールを勧めて仲介料を受け取ろうとするものが多いので注意してほしい。

 

ここまで、現実的に中流階級になれる方法を紹介してきた。

圧倒的に需要過多な上に、スキマ需要も生まれやすい業界なので、大きな努力をしなくても相対的に自分が優秀な人材になっていけるという事と、その後のキャリアの幅が広く有望なことから、中流階級になるにはとても現実的な方法である

と紹介させていただいた。

 

だが、デメリットやリスクが全くないわけではない。

会社選びを間違えると悲惨

昨今の働き方改革の影響もあり、IT業界でもブラック企業はかなり少なくなってきてはいるが、中にはとんでもないブラック企業もあるので注意した方がいい。

就職エージェントを選ぶ際はちょっとだけ注意した方がよさそうだ。

(先程、研修と一体型のエージェントを紹介したが、就職後の定着率も優秀なのでおすすめだ)

 

2021以降の需要

IT業界は、2021以降に需要が下がる可能性がある。

今は比較的好景気で就職しやすい状況になっているが、2021年以降それが保証されるとは限らない。

就職するまでの期間を考えると、2019年~2020年4月位には、研修一体型のエージェントに通い始めた方がいい。

 

ちょっとだけいいなと思ったら

この記事を読んで、少しでも「IT業界に飛び込んでみようかな」って思ってくれたら嬉しい。

私自身働いてて自信を持っておススメする業界だ。

とはいっても、今すぐ急に決断してIT企業を志すというのは無理があろうと思うので、このままの現状で生きていくことと、IT業界に飛び込んでみること、長い目でみてどちらが良いのか、よく吟味してから決断してほしい

「無料の研修一体型エージェント」はかなりおすすめなので、このページをブックマークするか、エージェントのページをブックマークしておくことをおすすめする(有料のスクールに比べて宣伝等が少なく、再度見つけるのが大変なため。)

 

・ウズウズカレッジ公式サイト:ウズウズカレッジ公式サイト

・ProgrammerCollege公式サイト:【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

先にも言ったが、就職のために高額のITスクールに通う必要は無い。もし、初心者に最初から有料のIT研修を受けることを推奨しているサイトがあったら、仲介料を儲けるために宣伝している可能性大だ。
このサイトでは、ITに関する情報を紹介しているので、よかったら暇なときに別の記事も見てみてほしい。
それではまた。
追記)紹介した研修一体型のエージェントについて、「どんな企業に就職できますか?」と質問をしてきた方がいらっしゃいましたが、私はエージェントの中の人でもなんでもないので、直接聞いてください。
管理人Twitterはこちら!